スポンサーサイト 

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月8日 シンポジウム開催のご報告 

 2010-05-08
こんばんは栗岡です♪

●栗岡まゆみはNPOいじめから子供を守ろう!ネットワークで長らく、いじめ防止活動に関わっています。今回奈良でシンポジウムを企画開催致しました。
ご報告させていただきます。

IMG_9646_20110809170328.jpg


■NPOいじめから子供を守ろう!ネットワーク奈良【奈良はいじめを許さない】シンポジウム開催ご報告

●奈良県は学力も高く、教育県として知られています。
一方、いじめ問題は多く、いじめ認知件数として報告の上がらない水面に存在するいじめが多数あると思われます。

暴力事件は全国Worst2として教育現場で問題になっています。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク奈良を昨年立ち上げました。

この度、奈良市教育委員会・奈良新聞・奈良日日新聞・産経新聞・毎日新聞の後援をいただき、たくさんの協賛をいただき、奈良の子供達の未来を守りたいとの願いを込めて、いじめの具体的な解決策を共に考える場が必要との思いで、シンポジウムを企画開催致しました。

●当日は、なら百年会館中ホールを会場として、約250名の皆様のご参加をいただきました。

IMG_9405.jpg


・基調後援に、中京女子大名誉教授加藤十八先生から
【いじめ予防を考える~アメリカの事例に学ぶ!】と題して、PowerPointを使いわかりやすく、いじめの発生に対してはゼロトレランス(規律ある厳格な指導)方式の対処必要と。

IMG_9510.jpg

IMG_9507.jpg


●教育評論家 森口朗さんからは、【いじめの構造】と題して「加害者側に偏った人権感覚に惑わされず、適切な対応が出来るよう、いじめ防止条例を作る必要を訴えられまた。」

IMG_9556.jpg


●いじめ防止劇【いじめヒストリア】地元高校生の劇

IMG_9533.jpg
IMG_9593_20110809170737.jpg



●パネルトークには、コーディネーターとして、いじめから子供を守ろう!ネットワーク代表井沢一朗パネリストに保護者と栗岡も加わり、【いじめから子供るために今大人が出来る事】をテーマに熱い議論交わしました。

IMG_9615.jpg


■いじめは犯罪・処罰のルールを・加害者に配慮する前に被害者のケアが第一・命をかけてあなたを守るとの親の決意が子供を救う。等

●参加者アンケートでは、いじめの事実に教育現場でいじめの実態を厳しく見つめ対処していかなければならないと思った。現場の職員にこの話しをして意識を高めたい。

・次の展開を議論する連続セミナーを開催希望する等

☆教育現場で8万4千件に上るいじめ問題にたいして、いじめ防止策・子供のSOS等発見・解決策がまだまだ定着していない今の日本の教育現場でシンポジウム開催等啓発の必要を強く感じるとともに、アメリカで40州ですでに制定されて抑止効果をあげている【いじめ防止法】制定を日本でも実現させるべく今後とも、活動を展開してまいりす。
                           栗岡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。